アトピー肌・乾燥肌・敏感肌

HOME   アトピー   アトピー肌・乾燥肌・敏感肌

アトピー肌・乾燥肌・敏感肌

アトピー肌・乾燥肌・敏感肌

アトピー性皮膚炎の特徴


アトピー性皮膚炎は、強いかゆみと発疹(ほっしん)が繰り返しあらわれる皮膚の病気です。発疹は、顔や首、肘、膝などにあらわれやすく、ひどくなると全身に広がります。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーや皮膚バリアの機能の低下によって引き起こされる、かゆみや湿疹など皮膚の炎症を伴う皮膚病の一つです。
アトピー性皮膚炎は乳幼児だけの病気で、発症しても成人するまでには治るものと考えられていましたが、現在では大人でもアトピー性皮膚炎である人は数多くいます。

アトピー性皮膚炎は、かゆみと乾燥ですが、乾燥してかゆくて、かきむしると皮膚表面がガサガサになり切れたりして、なかなか良くならないのが現状です。かゆみを止めるには、乾燥させないように、常に保湿をするのが大切です。乾燥するとかゆみが発生し、かきむしり、肌がガサガサになるの繰り返しになるので、乾燥しないように常に保湿をすることをおすすめします。

2000~2002年に行われた厚生労働省の全国調査では、4ヵ月児の12.8%、1歳6ヵ月児の9.8%、3歳児の13.2%、小学1年生の11.8%、小学6年生の10.6%、大学1年生の8.2%が、アトピー性皮膚炎でした。

このように、たくさんの人がアトピー性皮膚炎に悩んでいます。
全国でもめずらしい肌トラブル専門店にも毎日悩んでいる方が来店されています。
どこ行ってもよくならないの言葉は初めに言われることが多いです。

その後、加藤先生とお話しされますが、こんなに親切にお話聞いてもらえたことがないって納得されています。
無料相談はこちら

アトピー性皮膚炎を発症する原因は


1)皮膚のバリア機能の低下

人間の皮膚は皮脂膜、角質細胞、セラミドなどからなる角質細胞間脂質やアミノ酸からなる天然保湿因子と呼ばれる保湿成分によりバリアを作っています。(人間には副腎皮質ホルモンがありこの数値が低いと治りが悪くなります)
この皮膚のバリア機能を働かせることで、皮膚にある水分をキープし、外部の刺激から皮膚を守っています。しかし、このバリア機能が低下すると、皮膚はもろく、乾燥し、そこへお肌の炎症を起こす原因となるダニやカビなどのアレルゲン、汗や細菌、化学物質などの刺激物が入り込み、アトピー性皮膚炎の悪化につながってしまいます。(免疫機能の低下など)

2)アレルゲンを含んでいる食べ物

食べ物によって、アトピー性皮膚炎を引き起こすアレルゲンに反応しやすく、特に卵に含まれる卵白に注意が必要だといわれています。これ以外にも、アレルゲンを含む食品として、牛乳、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、大豆、豆腐や味噌などの大豆製品、米、小麦、エビ、カニ、牡蠣、サバや鮭などの魚、そばなども注意が必要です。
肌トラブル専門店では、数千種類のアレルギー検査もしております。詳しくはお問い合わせください。

3)ハウスダスト・ダ二

ハウスダストに含まれるダ二やダ二の死骸、ダ二の糞もアトピー性皮膚炎の悪化原因です。
人間の身体は、自分の以外のタンパク質が体内に入ってくるとそれから守ろうと反応します。
ダ二の体はタンパク質でできているため、ダ二やダ二の死骸が含まれているハウスダストを吸ってしまうと、それがきっかけでアトピー性皮膚炎を発症することもあります。

4)真菌・カビ

カビ菌がアトピー性皮膚炎の原因になることもあります。カビの菌が皮膚に付着することで、皮膚に炎症を起こしてしまいます。
アトピー性皮膚炎の疾患がある方から病原性のカビの数値の低く検出された方もいます。

5)花粉・アレルギー

アトピー性皮膚炎と花粉症は同じ抗体が関わっていて、スギ、イネ、ブタクサなどの花粉に対するアレルギー反応により、アトピー性皮膚炎の症状が出ることもあります。アレルギーには、犬の毛、猫の毛などペットによるアレルギーが出ることもあります。

6)衣服などによる肌の摩擦

日常生活において歩いたり、座ったりといった何気ない行動で、衣服は摩擦を起こし、それによりお肌はダメージを受けます。衣服に使われている化学繊維が直接お肌に触れることで、皮膚に炎症を起こしてしまうこともあります。敏感な肌の方の皮膚は、ちょっと服が擦れるだけでも刺激を受けてしまう恐れがあります。

7)空気の乾燥や気温の変化(季節の変わり目)

春や秋などの季節の変わり目は朝夕と気温の変化が激しいもの。お肌は急激な気温の変化に適応できません。それに加え、空気が乾燥しているとお肌も潤いを失い、皮膚は外からのダメージを受けやすく、お肌を守ることができなくなります。元々敏感肌の方の肌はデリケートなので、湿度や気温に配慮してあげる必要があります。
季節の変わり目には、肌トラブル専門店では、常に保湿することをおすすめしています。

アトピー性皮膚炎の状態を調べるには


アトピー症状の検査

検査データは5000種類程あります。
体内データには、免疫、ホルモンバランス、ビタミンバランス、皮膚の状態などデータとしてみることができます。
食物アレルギーデータには、食べ物で卵、バター、魚、肉、野菜、果物などのアレルギーの出やすいデータが調べられます。

アトピー性皮膚炎の乾燥に塗るもの


乾燥肌に保湿するもの

1、皮膚が切れて痛いときは、水につけただけでも痛いです。
  そんなときはトラブル肌オイルをつけるとしみなくて良いです。
アトピー性皮膚炎にトラブル肌オイル トラブル肌オイルの詳細へ
皮膚が切れて痛いときはとても助かります。


2、保水する化粧水(しつとりミスト)
  海洋深層水、リビジュア、原液ヒアルロン酸などが肌の奥に浸透し肌を潤わせます。
肌を潤う化粧水 しっとりミストの詳細


3、保湿する植物エキス配合の保護クリーム
  植物エキスと抗炎症作用で肌を保護してくれます。
保湿クリーム 保湿する保護クリーム


  
4、初めてのBbジェル保湿セット
  肌のかゆみ、赤み、乾燥に保湿するセットです。
  赤ちゃんから使えます。
かゆみ止め 初めてのBbジェル保湿セットの詳細


アトピー肌・乾燥肌・敏感肌