1月 31 2019

住✕生命保険会社のたくらみ

Published by at 11:36 PM under 未分類

個人的な事で書いています。

私が入っていた住✕生命保険(愛知県犬山支部)の外交員の説明責任義務違反で、

訴えを起こしたのが、昨年の7月。

入ってた保険が、80才までの期限があったことを、

更新時が2回もあったのに、期限がある保険であるということを伝えず、

 

「80才になったら終わりの保険で、80才になったら何も無くなり、

その上、解約返戻金も無いタイプの保険ライブワン」であった。

更新時には、保険内容に関しても説明をする義務があるにも関わらず、

毎月の保険料の話だけをしてきたことは、継続だけを目的としているからだったと思う。

 

愛知県犬山支部に何度も電話しても取り扱ってくれず、

外交員は逃げ回って私の電話にも出ず、

担当者である仕事を放棄したので、

私の保険料のマージンだけを受け取る悪徳保険外交員として訴えることが、保険協会で決まりました。

 

名古屋支社からも、本社からも この件については何もなかったことに。

この件につきましては対応できません」と、冷たくあしらわれ、

私の申し立てのもみ消しに入り、保険には入ったままで毎月保険料が引き落としされ、

何も解決する糸口も見えず、東京にある生命保険協会に相談し、そして、

その先の裁定審査となることが昨年12月に決まって、気持ちも落ち着いていたのに、

 

1月28日に携帯に 昨年の7月から連絡が途絶えていた犬山支部長から電話があり、

しかたなく出たら、私の契約更新の時期が来たから。と言ったので、

今まで、30年くらい保険に入ってきて、

更新時に外交員から「更新時期ですよ」と電話があったことは一度も無かった。

なのに今回は、何故に更新をお知らせする電話をしてきたのか?と聞いたら、

「本社から、担当者に更新時が来ることを電話するように」と指示があったから。と、

指示待ち人間らしい対応。担当者は逃げ回っているので、変わりに支部長が書けました。という流れ。

 

しかし、もっと最低なのは、住✕生命保険会社 本社のたくらみ。

今回、裁定審査会まで持ち込まれた為、少しでも自分の所は落ち度がないですよ!と、

言わんばかりの即席対応を住✕生命保険(犬山支部)に指示したことは、

なかなかのしたたかな生命保険会社である対応。

本社からの指示が無かったら、私に契約更新時期ですよ。と電話をしてくることはなかったと思います。

私の担当外交員には、私が入っている保険料のマージンが毎月給料として振り込まれているはず。

担当者としての仕事をしない 住✕生命保険犬山支部の外交員【Y・K】は許せないです。

住✕生命保険会社のコンプライアンスが正しく行われているか?

最終判断を待ちます。速く解決したいです。

 

コメントを書く

Leave a Reply